賃貸アパートでの自分のお引越し体験をもとに、そのときに留意した方が良いと思われる内容の記事。

自分の力で賃貸物件に引っ越しをしてみました
What's New
自分の力で賃貸物件に引っ越しをしてみました

賃貸アパートでのお引っ越しで注意すること。

賃貸住宅において、お引越しをしなければならなくなった場合の留意点を自分の体験より書き留めました。最初に注意することは、誰がそれを実施するのかということです。専門業者に全部依頼するのか、あるいは自分で知人友人も含めて実施するのかということです。

また事前に確認しなければならないことは、お部屋の修復内容が発生しているかどうかを確認しなければなりません。そのためには、最初に入居する前に、証拠となる写真を撮影しておく必要があります。またこのとき家主さんと一緒の立ち合いの元確認しながらそれを実行しておくことが望ましいのです。

そして次に今度は自分が出ていくときに大切なことは、出ていく前の状態をやはり写真撮影を実施しておくことが大切になります。この作業は二つのことに対してのトラブル防止の役目があります。一つ目は、大家さんとの確認時に役に立ちます。そしてもう一つは、お引越しを専門業者などに依頼したときに、万一のトラブルに対する備えとなります。このように、最初に現場の証拠写真を撮影しておくだけで、後々発生するかもしれないトラブルの防止になります。また私の体験では、このことから賃貸アパートでの生活時に、備え付けの器具に対しては、無理な使い方は控えるようになり、また壁などに関しても当然ながらピンを差す行為もしませんでした。それによって、実際にお引っ越しの際でも、家主さんとは何もトラブルもなく、お互い笑顔でお別れができました。

関連リンク