単身者向けの賃貸アパートへの引越しは、レンタカーを利用すれば会社に委託しなくても自分で行なえます。

自分の力で賃貸物件に引っ越しをしてみました
What's New
自分の力で賃貸物件に引っ越しをしてみました

単身者の賃貸アパートへの引越しは自分で出来る

都心の大学に合格して学生向けの賃貸アパートへ引越しをする時に、我が家は業者に委託しないで自分たちで荷物を運びました。親戚のおじさんが軽トラックを所有していたのでそれを借りての引越しです。家電も1人暮らし用ですのでそんなに大きくないし、冷蔵庫、洗濯機、などを載せても軽トラで十分間に合いました。車にはホロが付いていませんでしたので、雨が降ると荷物が濡れてしまうため天候には気を使いましたが、幸いお天気にも恵まれ無事に引越し先まで運ぶことができました。

素人の荷積みですので、道路で荷物が落ちたりしないようトラックへの積み込みにはとても神経を使いました。ポイントは大きい荷物を外側へ、小さい荷物を内側へ置くことと重い荷物は運転席側に載せることです。もちろん左右のバランスを考えて荷物を配置し、空間ができてしまったら毛布などで穴埋めします。最後に紐で荷台全体を固定します。安全運転を心掛け、休憩を多めに取り荷台の様子をチェックすることも大切だと思います。

両親と私の3人での引越し作業でしたが、そんなに時間も掛からずスムーズに終わりました。単身者の引越しも業者を頼めば5万円くらいはするので、自分たちで行なえたのはかなりの節約になりました。

関連リンク

比べてお得!