賃貸マンションへ、家族で引越した時に、うっかり失敗した事があります。その際の引越し体験談です。

自分の力で賃貸物件に引っ越しをしてみました
What's New
自分の力で賃貸物件に引っ越しをしてみました

賃貸のマンションへの引越した時の失敗体験談

賃貸の物件への引越しの経験というものは、一生の内それほど体験できるものではないかと思います。私も引越し経験はまだ3回と少ないものですが、最初に引越しを体験した時は、様々な失敗をしてしまいました。そのうちのひとつに、荷造りの仕方があります。

新居に運び込む荷物がかなり多い状態だった為、食器や洋服、雑貨などを早めに荷造りし始めました。その詰め方に問題があったのです。洋服などは、家族の個人個人が、自分の荷物を詰めていきましたので、何の問題もなく引越し後も分かったのですが、皆で共有する部屋などに置いている物に関しては、ひとまとめに荷造りしてしまった為、どこに何を直したのか分からなくなってしまいました。段ボールに一応何が入っているか表記するようにしてはいたのですが、リビングの物などは、リビングとだけ表記してしまったのです。リビングの何が入っているのかまで表記しておくべきでした。

一つの部屋だけでも、かなりの段ボール数になっていましたので、何が入っているか分からない場合は、片っ端から開けてみないと分かりません。引越し後は、ひと所に固めて荷物を積み上げて置いていたので大変でした。荷造りする時には、開けて見なくても、ある程度何が入っているのか分かるようにしておかなくてはいけないと、この時勉強になりました。その後の引越しでは、この点に気を付けて、荷物に関しては段取り良く準備出来るようになりました。何事も経験しなければ分からないなぁと思った経験でした。

関連リンク