大学時代に、大学寮から一般の賃貸アパートへ住まいを引っ越したことがあるが、周りの手伝いがとても助けになった。

自分の力で賃貸物件に引っ越しをしてみました
What's New
自分の力で賃貸物件に引っ越しをしてみました

大学時代の賃貸アパートへの引っ越し体験談

私は、広島で大学の4年間を過ごしました。入学してから2年間は、大学の寮に入って生活していましたが、2年間で出ていかなければならないルールだったので、大学2年生の終わりごろに、一般の賃貸アパートに引っ越しを行いました。自分が主になって引っ越し手配をするのが初めてだったので、わからないことだらけで不安が大きかったのを覚えています。

これらをすべて友人に聞きながら行いました。どういった手続きが必要なのかわからなかったので、大変頼りになりました。電気やガス、水道などの光熱水関係の手続きや、市役所などへ申請する住所変更手続きなどが必要でしたが、すべてスムーズに行うことができました。さらに、その友人は実家暮らしで、私の引っ越しの日には実家の自家用車を持ってきてくれて荷物の運搬を手伝ってもらいました。通常、引っ越し荷物を運ぶ際は引っ越し業者に依頼して費用を支払う必要がありますが、友人のおかげでその費用を浮かせることができました。引っ越し先では、大家さんがとても親切な方で、これまた荷物の運搬を手伝ってもらいました。周りの手助けがあって何とか引っ越しを終えることができました。友人と大家さんには感謝の気持ちでいっぱいになりました。

関連リンク

比べてお得!