新しい賃貸物件に移り住む時には、とても複雑な心境になります。名残惜しいという気持も多々あるのです。

自分の力で賃貸物件に引っ越しをしてみました
What's New
自分の力で賃貸物件に引っ越しをしてみました

新しい賃貸物件に移り住んだときの気持ち

新しい賃貸物件に移り住む時には、何とも複雑な心境になります。私は仕事の関係上、どうしても何度も新しい賃貸物件へと移り住む事を繰り返しているのですが、その度に何となく複雑な心境になるのです。例え同じ町の中でも、その地域にはやはり長く住めば人情が移ってしまいます。すぐ近くなのに何となく寂しい気持になってしまうのです。しかし、それを凌駕する程に新しい所での生活はとても新鮮です。なので、とても複雑な心境にはなるのですが、だからこそとても良い経験が出来ているのだといつも思いながら引っ越しをする様にしているのです。

元々転勤一家だった私は、そこまで心境の変化に敏感な子ではありませんでした。ましてやただの賃貸物件なのでそこまで移り住むたびに気持は変わらないだろうと思っていたのです。しかし、実際に住んでみると決してそのような事は無く、むしろ良く知れば知る程にその賃貸物件からあまり離れたくないという気持にさせられて来ました。私は思った以上にそういった感情を持っている様です。これからも何度か引っ越しをする事になると思いますが、その度に新しいところに住むワクワク感と、今までの地を離れる寂しい感じが同居する様になるのだと今から既にそう感じています。

関連リンク