賃貸一軒家から引っ越しの際、大家に引き渡す時どこまで元の状態に戻すか、始めに決めていなかったので心配しました。

自分の力で賃貸物件に引っ越しをしてみました
What's New
自分の力で賃貸物件に引っ越しをしてみました

賃貸一軒家からの引っ越しで心配だったこと

賃貸一軒家からの引っ越し。大家は知り合いの方だった為、その方のはからいで敷金礼金は入居時に払っていませんでした。敷金礼金で退去時の掃除やメンテナンスをすると聞いていたので、壁も汚したし、畳もものすごく傷をつけてるし、その分を払わないといけないのかなと思っていましたが、引っ越しや新居にお金がものすごくかかっていた為、できるだけ払いたくないな、というのが本音でした。しかし、知り合いの方なので今後の付き合いもあるし、言われたら言われた額のお金を払うつもりでした。

しかし、退去時、鍵を渡す際言われたのは、「お金はいらない。畳も壁も全部こっちで新しくするからいいよ。」との事。家の中の清掃も業者に頼まず、自分たちでやったため、手の届かないところもあったりするので、大家さんからしたら納得のいく清掃になってないと感じるのでは、と思ってたんですが、家の中もほとんど見ず、「きれいにしてくれてありがとう」と逆に感謝の言葉をかけてくれました。おそらくあちこち中を見ると、監督されている感じで私たちが嫌な気持ちをするのでは、と思っての事だったのではないでしょうか。どれだけうれしかったか。私たちは少しばかりの気持ちと、自分の親がお米を作る農家だったので、その新米をわたし、それだけでした。

引っ越しには心配事は付き物ですが、大家さんの気持ちと、人の温かさに触れた忘れられない引っ越しになりました。

関連リンク

比べてお得!